21時から2時の間は眠っていることが、子供の成長のポイントです。

幼稚園に通う4歳の息子がいます。4歳児に必要な睡眠時間は11時間~12時間くらいだそうです。十分な睡眠時間を確保できれば就寝中に成長ホルモンが分泌され成長を促し、逆に睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌量が低下し、成長に悪影響を与えます。成長ホルモンは21時~23時に体内で作られ、22時~2時にかけて多量に分泌されるため、成長ホルモンが多量に分泌され始める22時までには眠りについていることが望ましいそうです。睡眠には個人差があるため、必ずしも目安となる睡眠時間にとらわれる必要はないようですが、成長のため、1日のリズム作りのためには21時には寝かせた方がいいでしょう。4歳の息子は幼稚園がある日は昼寝はせず19時半頃に寝て6時半までには起きるような生活リズムができています。雨で外遊びが出来なかったり、運動量の少なかった休日などはやはり眠りにつく時間も遅くなります。昼間はたくさん遊ばせ運動し、夕飯、お風呂も寝る時間に合わせて調整し、快適に眠りにつく環境を整えてあげることも親の役目の一つです。おすすめサイト⇒子供 睡眠サプリ

正しい水分補給で血液をキレイにする

血液を綺麗にするには、水分を適度に摂取することが重要です。
いくら血液をサラサラにする食べ物やサプリをしっかり取っていても、体内の水分が不足していると血液がドロドロになり血管が詰まりやすくなってしまうと言われています。
それまで健康だった人が、夏場に水分補給をせずいたら急に脳梗塞や心筋梗塞を起こし倒れててしまったと言う話もよく聞かれますので、たかが水と侮らずこまめに水分を摂ることを習慣づける必要があります。
ただし、沢山水を飲めば飲むほど良いと言う訳ではありません。
水を飲みすぎると身体が冷えたりむくみやすくなり、かえって血流が悪くなってしまう恐れがあります。
一般的に食事からも1日1リットル程の水分は摂取していると言われていますので、水を飲むのは1日あたり1.5リットルから2リットルくらいを目安にするのが良いでしょう。
朝起きた時、入浴前と入浴後、寝る前にそれぞれコップ一杯ずつ、残りは5回くらいに分けてこまめに飲めば水分不足になりにくいです。おすすめサイト>>>>>血液をきれいにするサプリ