耳鼻科は突発性難聴の患者に真剣に向き合ってほしい

2年前に発症しました。発症に気付くのが遅れたこともあって完治せず、1年前に悪化してしまい今でも右耳の中音域から低音域がほとんど聞こえません。
発症時、悪化した際の2回街中の耳鼻科に通院しましたが、どちらの医者も本気で治療する気がないように感じてしまいました。
原因不明で、ありきたりの治療法をやってダメなら手の施しようがないのはわかっています。患者は何がなんだかさっぱりわからなくて不安なのに「もう耳鼻科でできることはありません」とあっさり言われてしまい、詳しい事を聴こうとしても「原因はわからない」「治療法はない」という返答しかありません。
命に関わるような病気ではないからか、適当にあしらわれているように感じてしまいました。2回目の病院では「この病気を研究している医者はいるんですか?」と聞いてしまったほどです。
私の場合は目まいはないので慣れてしまえば日常生活でどうしようもないほど困ることはあまりないのですが、それでもこの先どうなるか不安です。耳鼻科はどこも患者が多く、医者も大変だとは思いますが、もっとこの病気の患者に対しての真剣に向き合ってほしいと思います。お世話になってるサイト⇒突発性難聴に効くサプリ