お酒の飲み過ぎはガンマGTPの数値が高くなる可能性があります!

ガンマGTP(γ-GTP)の数値が高くなると肝臓病などの病気の原因がわかります。
血液検査をすることでガンマGTPの数値を調べることができます。
数値が基準値よりも高数値の場合には、肝臓病の他にも閉塞性黄疸や心筋梗塞、膵臓の病気などの可能性があります。
ガンマGTPはアルコールや薬剤の影響を受けやすいようです。
お酒を毎日飲む人は注意が必要です!
ほどほどのお酒なら大丈夫だと思いますが、多量のお酒を毎日のように飲んでいるという方は、定期的に検査をしたほうがいいかもしれません。
もしも異常があった場合には、医師の指示に従って治療をする必要があります。
禁酒をすることでガンマGTPの数値が下がる場合もあるようですよ。
アルコールを摂取している方は、アルコール性肝炎やアルコール性脂肪肝の可能性もあるようなので、心配な方は病院で血液検査をしてみましょう!
ガンマGTPの数値が高くならないよう、アルコールはほどほどにするように心がけましょう!
おすすめサイト⇒http://xn--gtp-g83bvltgqcuo2b5gvdu285b.xyz/

耳鼻科は突発性難聴の患者に真剣に向き合ってほしい

2年前に発症しました。発症に気付くのが遅れたこともあって完治せず、1年前に悪化してしまい今でも右耳の中音域から低音域がほとんど聞こえません。
発症時、悪化した際の2回街中の耳鼻科に通院しましたが、どちらの医者も本気で治療する気がないように感じてしまいました。
原因不明で、ありきたりの治療法をやってダメなら手の施しようがないのはわかっています。患者は何がなんだかさっぱりわからなくて不安なのに「もう耳鼻科でできることはありません」とあっさり言われてしまい、詳しい事を聴こうとしても「原因はわからない」「治療法はない」という返答しかありません。
命に関わるような病気ではないからか、適当にあしらわれているように感じてしまいました。2回目の病院では「この病気を研究している医者はいるんですか?」と聞いてしまったほどです。
私の場合は目まいはないので慣れてしまえば日常生活でどうしようもないほど困ることはあまりないのですが、それでもこの先どうなるか不安です。耳鼻科はどこも患者が多く、医者も大変だとは思いますが、もっとこの病気の患者に対しての真剣に向き合ってほしいと思います。お世話になってるサイト⇒突発性難聴に効くサプリ

これからの時代

もう20年以上前、俺たちの時代だって、長州力がいいました
ほんと、彼らの時代だったんですよね
でも、時間は過ぎていく

おっと、冒頭から変な話になりました
今回書きたい内容は、お肌の糖質制限ですね

今までの、化粧品は糖質が入っていたのでしょうか
自分が今見ているLPには、こらからのスキンケアは
糖質オフの時代
糖化対策は、東都の結びつきを断つ糖質オフが必要でしたとあります

糖質オフしたらどうなるのか
素晴らしい効果があります(笑)

まず
透明感がアップ
これはスゴイな。
ハリ弾力アップ
潤い持続

これによって、どんだけきれいになって、オトコを騙せるのだろうか

でも肌がきれいな女性というのは、本当に魅力的ですよね
自分は、食事で糖質制限をしているので、糖質制限の芝らしさは知っています
それが、化粧品の分野まで来ている
すごくいいと思いますよ。
続きはこちら>>>>>抗糖化化粧品